Amazon商品紹介

Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲

Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲

商品概要

  • 【全二重ワイヤレスインターコムヘッドセットシステム】SolidcomC1は、ベルトパックやベースステーションを備えていない、ホリーランド初の真のポータブルでハンズフリーのワイヤレスヘッドセット通信ソリューションです。4人用キットには、マスターヘッドセット1つとリモートヘッドセット3つが付属しています。DECT6.0テクノロジースタンダードを採用、ワイヤレスインターホンヘッドセットは1.9GHzの周波数帯域で動作し、半径1000フィートまでの信頼性の高い伝送範囲を提供します。
  • 【強化された安定性とセキュリティ】強力な暗号化技術を備えたDECT6.0プラットフォーム上に構築された、Solidcom C1インターコムブロードキャストヘッドセットは、システム外の人が会話を聞くのを防ぎ、通信チャネルの2倍のユーザー容量で優れた伝送安定性を提供します。各ヘッドセットはデュアルアンテナで設計されています干渉防止機能を強化し、複雑な環境での安全で継続的なチームコミュニケーションを保証するダイバーシティスキーム。
  • 【広帯域クリアオーディオ品質】 Hollyland Solidcom C1ワイヤレスインターホンシステムは、150Hzから7KHzまでの広帯域周波数応答をサポートし、プレミアムAEC(Acoustic Echo Cancellation)パフォーマンスを備えており、効果的なチームワークのために本物のキャリアグレードのオーディオ品質を保証します。 環境ノイズを最小限に抑えながらスピーカーの声を正確に捉える指向性マイクを搭載し、騒がしい環境でも楽な会話体験を提供します。
  • 【充電式および交換可能なバッテリー】各SolidcomC1ヘッドセットマイクには、現場での交換に便利な2つのリチウム電池が付属しており、システムの稼働を最小限のダウンタイムで維持します。 これらの8個のバッテリーは、パッケージに含まれている8ポート充電ステーションで外部から充電されます。 接続されているリモートヘッドセットの数に応じて、各バッテリーはフル充電にわずか2.5時間かかり、リモートヘッドセットで最大10時間のランタイム、マスターヘッドセットで5時間から6時間のランタイムをサポートします。
  • 【快適に着用でき】Solidcom C1ヘッドセットは、PC-ABS素材で精巧に作られ、重量はわずか168gで、卓越した柔軟性と耐久性を保証します。 マイクブームを持ち上げて自動ミュートします。 半径1000フィートの固体信号伝送カバレッジにより、チームは接続を維持し、主要なイベント、撮影場所、または社会的に離れた作業シナリオでリアルタイムのノンブロッキング音声通信を探している大規模なエリアオペレーションの任意のチームで自由に移動できます。

商品画像

Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲
Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲
Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲
Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲
Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲
Hollyland Solidcom C1全二重ワイヤレスインターコムシステム 4人用 1つのマスターと3つのリモートシングルイヤーヘッドフォンマイク1000フィートLOS範囲

レビュー

配信現場に欠かせない

4人用を最初に買って、その後に3人用を買い増しです。
音声もクリアで操作も単純明快。
配信現場で欠かせない機材となっています。

手軽さが良いです

ドローン農薬散布でナビ(助手)との連絡用に使用
前はトランシーバー+ヘッドセットで使用していましたが嫌なタイミングでブツブツと切れたりした(合図をするタイミングで数秒切れたり)ので某所で話題のこの製品を(思い切って)買ってみました
まずなによりヘッドセットのみで完結しているのでコードが絡まるなどの煩わしさが無い(動き回っているとトランシーバー~ヘッドセットのコードがどこかに引っかかったり絡まったりしていた)
基本的に電源を入れるだけで繋がるのでチャンネルを合わせたりする手間も無い
農地ということもあって障害物が少ないので200~300m離れても途切れることがない(前のトランシーバーは頑張って150mだった)
ヘッドセット×2個のバッテリーが付いてくるので1日分の作業には十分保ちます

あまりに便利なのでドローン農薬散布だけでなく、普段の農作業でも使っています
田畑の両端にいても「こっち手伝って」とか「アレ持ってきて」とか大声を張り上げたり携帯で電話したりする必要が無いので便利です

T1000と比べて音量問題はかなり改善されてる。

さすがにライブはしんどいかもしれんけど

使いやすさと安定感に満足

ペアリングの作業がいらない立ち上がりの速さと、クリアな音で使った初日から非常に使いやすかったです。ケーブルがいらないことで動きやすく、取り外しがしやすいのもおすすめポイントです。イベント運営時も使用しますが、ドローン操縦時に操縦者と飛行チェックするスタッフがやり取りしやすく、また2カメ以上使う撮影現場でも重宝しています。

最低の中古業者

6区人分の商品を注文したのに、二人分しか入っていなかった。

あるなしでは大きな差になるアイテム

そこそこ使用したので、使用体験からの良い点、いまいちな点を列挙したあと
すこし細かくレビューです。

良い点として
・セットアップが用意
・音質、操作等性能良好
・意外と広域で使用可能
・予備バッテリー付き

逆にいまいちな点としては
・外部入出力がないこと ※1
・この手の機器としては手ごろな価格ではあるが、さりとて

それぞれの補足についてです。
まずはセットアップにつが、購入台数が使用台数と合致、またはそれ以下であれば
開封時から接続設定がされており、電源を入れればそのままつながります。
マイクの上下でミュートのON/OFFが可能で、それ以外の操作もボリューム調整のみと
初めて使用する方にもほぼ説明不要で運用が可能となっている。
これにより、この手の機器は意外と専用の知識や機器固有のセットアップなど
取り扱いがめんどくさいものが多い中、かなりシンプルに仕上がっている。

続いて音質について、これについては使用者により印象の差が出ると思いますが、
個人的には音質はよく、クリアですが、ちょっとマイクが音を拾いすぎている印象で
少しほかの音が入りやすく、うるさく聞こえる場合がある。
ただ、これはやや環境によりけりと思われるので、利用シーンによっては発生するかもです。

通信距離は、オープンならばほぼ公称値は出ている感じです。
障害物などがある場合でも、家の室内どうしならば、よほど大きな家でない限り
問題なく通信できている状態でした。

バッテリーとセット内容について、バッテリーはそれぞれのヘッドセット分の予備があり、
充電器は、セット台数分x2個分が同時に充電ができる。
本セットならば、8個分が同時に充電可能となっており、使用しながら予備を念のため充電しておき
充電が切れた人が個々で交換していけば、ほぼ1日中連続で使用が可能なサイクルができます。
バッテリーの追加購入は意外と費用もかかるので、ありがたいですね。

最後にいまいちな部分の補足ですが、
本セットは基本、同商品内のみで完結するタイプとなるので、
それ以外の製品との連携をするための手段がほぼない状態です。
音声入出力や他の機器へのブリッチなどが不可となっている。
価格的にも言えることですが、本製品は用途的に小、中規模撮影時に
連携をうまくとるためには効果的であり、打倒な価格かと思います。

総評としては、価格もこの手の機器としては安い部類であり、
操作、音質ともに良好、追加で購入しなければならないような不足もなく
買ったら即戦力となるのは確実であり、個人的には大満足といえるかと思います。

追記 2022/07/19
※1 拡張用のHUBがリリースされました。PCへの取り込みや
接続台数の増加、他の外部機器の取り込みも対応しているが(汗
価格はそれなりになる。ただ、価格を考えなければマイナス面が改善された

仕事で使える逸品です。

ハンズフリーで使えるのがいいですね。

音がいい

音がいい
もう少し長い距離を飛ばせたらより良い

商品はこちら

最後に

購入したいという方は、是非ポチって下さい。

ということで、今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-Amazon商品紹介